東京の介護施設に入所するために必要なことは?

東京で介護施設に入所するために必要となることと言えば、入居条件を満たしているかどうかです。殿老人ホームや介護施設であっても、誰でも入所できるというわけではなく、それぞれに受け入れ可能な介護度や医療依存度、年齢などが定められているのです。どんなに気に入った施設があったとしても、入居基準にマッチしていなければ、入居することができません。また月々の支払いができるのか不安がある方についても、入居を断られることはあります。一般的には、年齢、要介護度、医療依存度、保証人、身元引受人の有無、収入などが入居条件としてあげられます。介護施設の種類ごとにこれらの条件が異なっていますので、気になる介護施設が利用可能なのかをまずはチェックしていくことが必要となります。

年齢や介護度、医療依存度について

東京にはたくさんの介護施設があり、場所やザービスに優れた施設がたくさん存在します。しかし、入所条件が満たされていないと、どんなに気に入っても入所はできません。条件の一つは、年齢です。多くの施設では、60歳以上もしくは65歳以上と設定されていますが、グループホームや特別養護老人ホームでは原則として65歳以上と決められています。ただし、40歳以上ででも2号被保険者で特定疾病認定を受けている場合は、入居できる場合もあります。民間の有料老人ホームでは、原則であって交渉できるケースもあります。また介護度が条件となっているケースは非常に多く、必要なケアが提供できるかという観点から設定されています。特に確認しておきたいのは認知症で、度合いによって受け入れが可能か分かれることもあります。そして医療依存度は、その人の命に係わる問題になることから、対応できる施設を選ばなくてはならないという重要なポイントとなっています。

身元保証人や身元引受人、収入について

東京で老人ホームに入居する際は、基本的にどこの施設であっても身元保証人や身元引受人が必要となります。身元保証人は、支払い等に関する経済的な保証を負う人です。また身元引受人とは、病気やケガなどの際に連絡を受ける人や、万が一亡くなってしまった時に身柄の引き取りや所持品の整理を行う人になりますので、親族が該当することがほとんどです。しかしながら少子化や未婚率が上がっていることから、このような人たちを立てられない場合も増えており、保証人相談に乗ってくれる施設も増えています。さらに明確な収入の基準は設けられていないものの、支払いができなくなることを避けるために、収入や資産をチェックされることもあります。特別養護老人ホームでは収入の少ない人を優先して受け入れていますが、民間の老人ホームや高齢者向けの住宅では、年金収入や資産を確認することがあります。しかし、資産がなく生活保護を受けている方でも全く入居できる老人ホームがないというわけではないので、受け入れ可能な施設を探して相談してみると良いでしょう。